ビタミンB群の役割と働きについて

 

ビタミンB群には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8つの水溶性ビタミンのことです。
ビタミンB1は糖質の分解を助ける補酵素として働きます。ビタミンB2は脂質の代謝に使われます。不足をすると口内炎、目の充血など目や口の粘膜にトラブルがおきます。また、動脈硬化も置きやすくなります。ビタミンB6はたんぱく質の代謝、皮膚や粘膜の健康維持、神経機能の維持に重要な栄養素です。ビタミンB12は赤血球の形成を助けるのと、神経機能を正常に保つために欠かせない栄養素です。ナイアシンは糖質、脂質、たんぱく質の代謝に必要な栄養素です。パントテン酸も糖質、脂質、たんぱく質の代謝に使われます。葉酸はたんぱく質の合成に働く栄養素で、細胞が作り出されるのに関与しています。ビオチンは皮膚の健康に大切なビタミンで、脂質、皮質、たんぱく質の代謝にも関与しています。
ビタミンB群はそれ単体で働くこともありますが、各栄養素が連携して働くこともあります。例えばビタミンB12と葉酸が協力して正常な赤血球を作るよう働きますし、ビタミンB6と葉酸、パントテン酸で免疫力を強化し、感染症を予防するなどの働きもあります。