‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

お肌にはビタミンB2が重要

2014/12/17

 

口内炎は、口の中や舌の粘膜に起こる炎症で、痛みや出血をともないます。
過労やストレス、睡眠不足によって起こる体力・免疫力の低下や、食事中に口の中を噛んだり、歯の治療器具などによって傷つけられた時に発生します。
また、粘膜を守る働きをするビタミンB2が不足すると、唇や舌などの粘膜にも影響が出てきます。
痛みが激しい時は、食事もままならない時がありますが、だからと言って適当な物を食べていては、より一層治りが遅くなります。体が疲れている証拠でもあるので、口内炎に良いとされているビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンC等をバランス良く食べなければいけません。
その中でも特に口内炎に効果があるのがビタミンB2dです。
症状を改善させる、または症状が出ないよう完全に予防する効果がある栄養成分です。
多く含む食べ物の代表としては、牛・豚・鳥レバー、のり、牛乳、ヨーグルト、チーズ、うなぎ、さば、たまご、納豆、アーモンドといったところです。
毎日必要な量を摂取する事で、口や目、鼻などの肌の粘膜を守ったり、皮膚の炎症を抑えたり、さらには美しい髪を維持する効果もあります。
最近は手軽なサプリもありますが、一番良いのは食べ物から摂取することで、他の多くのビタミンと共にバランス良く摂取する事が大切です。

 

不足すると生じる症状について

2014/12/17

 

お肌の為には不足させてはいけない栄養素が数多くあります。
まず定番の栄養素としてビタミンCが挙げられます。
ビタミンCはお肌の代謝を良くしたり、ハリを出す為にも欠かす事ができない栄養素ですが、不足してしまう事によってお肌の老化を促進する事になります。
特にビタミンCは失われ易い栄養素ですし、ストレスや喫煙などによって大量に消費されてしまいます。
ただ、過剰摂取をする事で生じるデメリットもあります。
例えばお腹が張るようになったり下痢になってしまう事がありますし、健康状態によっては鉄分の吸収が阻害される可能性があります。
他にも美容の為にも欠かす事ができないのがミネラルですが、中でも代表的な存在として亜鉛があります。
亜鉛は皮膚組織などを生み出す為にも欠かす事ができない栄養素であり、不足してしまうとお肌の状態が悪くなるのはもちろん、健康面にも悪影響を及ぼします。
亜鉛は吸収され難い栄養素ですので、意識的に摂取する必要がありますが、過剰摂取には注意が必要と言えます。
肌荒れや腹痛、下痢、嘔吐、めまいなどの発生をはじめ、さらにはがん細胞の発生を促進するとも言われていますので、過剰摂取には注意しなければいけません。

 

理想的な摂取量とは

2014/12/17

 

健康、そして美容の為にも率先して摂取したい栄養素と呼ばれているのが亜鉛です。
亜鉛には様々な力がありますが、細胞分裂の活性化や新陳代謝の促進、抗酸化作用、免疫力の強化、アルコール分解、育毛などが挙げられます。
健康及び美容にも有効な栄養素ですので、不足させないようにしたいものです。
亜鉛は牡蠣や牛肉、卵などにも配合されていますが、吸収され難い栄養素という事もあり、サプリメントなどを活用して補う方も少なくありません。
ではどの程度の摂取量が望ましいのかと言いますと、男性の場合は9mg、女性の場合は7mgです。
ただし、亜鉛の過剰摂取には注意が必要です。
過剰に摂取する事によって発生するデメリットもありますが、例えば胃痛や胃もたれ、吐き気、めまいなどが挙げられます。
一時的な過剰摂取の場合はこういったデメリットで済みますが、継続して過剰摂取した場合は別の問題が発生してしまいます。
例えば銅や鉄の吸収が阻害されてしまい、銅欠乏や鉄欠乏が発生する可能性がありますし、それに伴い免疫障害や神経障害、貧血などが発生してしまいます。
余程の過剰摂取をしなければこういった症状は発生しないと言われていますが、デメリットもあるという事を覚えておくと良いでしょう。

 

過剰摂取した際のデメリットについて

2014/12/17

 

美容において、必要な栄養素をしっかり摂取するのは重要なことです。
近年、様々な研究の成果により、私たちは手軽に足りない栄養素を補うことができます。多種多様なサプリメントが市場にあふれ、それらを状態に応じて摂取するのがトレンドですね。
ビタミンやミネラルなどの一日の所要量がラベルに表示され、何をどれだけ摂取すればよいのか、きちんと把握している人も多いでしょう。
ここで忘れてはならないのは、過剰摂取に気を付けるということです。
厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準」を設定し、この報告書を読むと、栄養素の一日の所要量から上限量まで、その基準値が分かります。また、欠乏や過剰の場合どうなるのか、などの詳細も知ることができます。
過剰摂取が引き起こす障害は、その栄養素によって様々です。
例えば目に良いことで有名なビタミンA。これは過剰に摂取すると、頭痛・筋肉痛・脱毛・皮膚がむけてくる、などの症状が起こることが報告されています。そしてカルシウムの吸収を促すビタミンD。これも多量に摂り続けると、高カルシウム血症や腎障害が起こることがあるのです。
逆に、ビタミンCは大量に摂取しても尿中に排泄されるので、上限量が定められていませんが、これは健康な人の場合であって、腎機能障害を抱える人がビタミンCを大量摂取すると、腎臓結石のリスクが高まるとされています。
サプリメントを飲む際には、一日の所要量はもちろん、上限量の目安にも気を配ることが大切でしょう。

 

女性ホルモンを調整してくれるビタミンB6の役割について

2014/12/17

 

女性には毎月訪れる生理ですが、この生理が始まる前に様々な不調を、感じる方は少なくありません。

生理前2週間くらい前から、感じる不調はPMS、「月経前症候群」であるケースが多いようです。
月経前症候群は女性ホルモンの影響により、身体的・精神的な不調を感じる症状の事を言います。

身体的な症状には、胸が張って痛くなる、便秘や下痢、頭痛や吐き気などが挙げられます。
精神的な症状としては、イライラする、不安感に襲われる、不眠、無気力などを感じる方が多いようです。

このように月経前症候群の症状は多岐に渡り、また同じ女性であっても症状には個人差がある為、悩んでいる方が多くなっています。

この月経前症候群の症状を、少しでも軽減したいなら、ビタミンB6を摂取して見ましょう。
この栄養素は女性ホルモンの働きや分泌を、調整する作用があると言われており、月経前症候群の症状がある方にお勧めです。

サンマ、カツオ、マグロ、サバ、イワシなどの魚やレバー類に、多く含まれているので月経前症候群に、悩んでいる方は毎日の食事に取り入れてみましょう。

最近ではビタミンB6が配合されている、サプリメントもあるので、補助的に摂取する事もお勧めです。

 

ダイエットにはビタミンB1とB2を摂取しよう!

2014/12/17

 

人間に必要な栄養素として、エネルギー摂取に関係するのが、三大栄養素といわれる炭水化物と脂質、タンパク質になります。この3つの栄養素は、摂取することで体内で代謝されて、最終的には水と二酸化炭素、そしてエネルギーを発生させます。その過程で、必要になるのが、ビタミンB1とビタミンB2などになります。これが不足することで、過剰な糖質や脂質、タンパク質が脂肪として、内臓脂肪やセルライト、皮下脂肪として、体内に蓄えられてしまうことがあるのです。ですから、3代栄養素を脂肪にせずに体内で使い切るのはこれらのビタミンの摂取が必須になります。
つまりダイエットには、このエネルギー代謝をスムーズにすることが大切なのです。
炭水化物は体内の代謝において、ピルビン酸になり、ビタミンB1が作用して、さらにアセチルコーエーになり、TCA回路(クエン酸回路)でエネルギーを発生させます。同様に、脂質は脂肪酸とグリセリンになり、グリセリンはピルビン酸に、脂肪酸はビタミンB2が作用してアセチルコーエーになります。また、タンパク質も代謝により、TCA回路に入る時にも必要なのです。
ですから、ダイエットをする時には、B1を含む胚芽や豚肉、レバー、B2を含む卵や大豆、乳製品、葉物野菜などを食べ合わせを考えながら、バランスよく摂取したいものです。

 

多く含む食品とは

2014/12/17

 

ビタミンB群は体にある糖質をエネルギーに変換してくれるビタミンなので、日々の活力を得たい場合は積極的に摂取したい栄養素です。また、肌や髪の毛を作るために必要なエネルギーの生成にも深く関わっているため、美容に高い関心を示している人にもおすすめな栄養素です。
そんなビタミンB群を食品から効率よく摂取しようと思うなら、動物性の食品を意識的に摂取するのがおすすめです。特にレバーやうなぎ、豚肉や玉子、牛乳などに多く含まれています。また、植物性の食品ならば納豆もおすすめです。そのため肉や魚、納豆などの大豆製品をバランスよく日々の献立に生かすことが大切でしょう。
また、白米を精製する前の胚芽米にも非常に多くのビタミンB群が含まれているため、主食を白米から胚芽米や玄米に変えてみるのも有効です。始めは硬くて炊くのも手間がかかるため、面倒で続かないという人もいますが、白米よりもしっかりと噛んで食べることが出来るので満腹感も得られやすく、日本人が古来より愛してきたお米の美味しさや栄養面の素晴らしさを実感することが出来ます。白米よりも消化が悪いため、突然変えるのは無くて徐々に変えていき、胃腸への負担を減らすと良いでしょう。

 

補酵素の働きについて

2014/12/17

 

身体が健康的な状態を維持して機能するためには酵素の働きが欠かせません。しかし、酵素はそれ単独で役割を果たすわけではなく、多くの場合、他の物質と密接に絡まり合うことで機能を最大限に引き出すことが可能となります。この時に互いに活発に反応し合う成分を補助因子と呼びますが、これらはさらに補酵素や金属イオンといったものへの細分化することができます。

中でも補酵素は最近ではコエンザイムと呼ばれる健康食品などでもお馴染みの言葉となってきています。そもそも酵素はタンパク質を主成分としていますが、この補酵素はビタミンがメインとなっています。このタンパク室とビタミンが惹かれ合うと、互いに化学反応を高めることによって身体の代謝機能を高める結果となります。つまり、各消化器官で適切に消化された食物から得られた栄養素を血液を通じて身体全体へと運搬したり、あるいは身体全体の細胞から生じる老廃物を体内に留めることなくきちんと体外へと排出させていくのに大きな効果をもたらしてくれるのです。

代表的なものとしてはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンB7、ビタミンB9、ビタミンB12等が挙げられます。野菜や果物をはじめキノコや海藻といったものから適度に取り入れて身体の代謝力を良好に維持していきたいものです。

 

効果と働きについて

2014/12/17

 

若さをいつまでもキープしておきたいというのは、多くの人たちの願いであります。
若さをキープするためには、いろいろなことをしなければならないのですがアンチエイジングに役立つとされるサプリメントを摂取するという方法があります。
アンチエイジング効果があり、抗酸化作用のあるサプリメントを使用することにより若々しさを手に入れることができるのです。
抗酸化作用のあるサプリメントをとりいれれば、活性酸素を除去する働きがありますので若返りにつながるのです。
人間は加齢やストレスをためることで、様々な病気の原因のもとである活性酸素をつくることになるのですがそれは体から取り除くことをしなければならないのです。
その他にも若返り効果を期待できる働きのある食品をとることや、運動を生活の中に取り入れることでアンチエイジング効果を得られるのです。
食品は野菜を多くとるように心がけ、動物性油脂は控えるようにします。
運動をすることにより、体の代謝をよくしデトックス作用を促しますので若返りに役立ちます。
若さを手に入れるためには生活スタイルに気を付けていきながら、サプリメントなどの栄養補助食品を取り入れていくことで実現するものです。