ダイエットにはビタミンB1とB2を摂取しよう!

 

人間に必要な栄養素として、エネルギー摂取に関係するのが、三大栄養素といわれる炭水化物と脂質、タンパク質になります。この3つの栄養素は、摂取することで体内で代謝されて、最終的には水と二酸化炭素、そしてエネルギーを発生させます。その過程で、必要になるのが、ビタミンB1とビタミンB2などになります。これが不足することで、過剰な糖質や脂質、タンパク質が脂肪として、内臓脂肪やセルライト、皮下脂肪として、体内に蓄えられてしまうことがあるのです。ですから、3代栄養素を脂肪にせずに体内で使い切るのはこれらのビタミンの摂取が必須になります。
つまりダイエットには、このエネルギー代謝をスムーズにすることが大切なのです。
炭水化物は体内の代謝において、ピルビン酸になり、ビタミンB1が作用して、さらにアセチルコーエーになり、TCA回路(クエン酸回路)でエネルギーを発生させます。同様に、脂質は脂肪酸とグリセリンになり、グリセリンはピルビン酸に、脂肪酸はビタミンB2が作用してアセチルコーエーになります。また、タンパク質も代謝により、TCA回路に入る時にも必要なのです。
ですから、ダイエットをする時には、B1を含む胚芽や豚肉、レバー、B2を含む卵や大豆、乳製品、葉物野菜などを食べ合わせを考えながら、バランスよく摂取したいものです。

 

コメントは受け付けていません。